FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2005.09.11 (Sun)

好まざる同居者

先週の話

暑さで起きるほど週末天気が良かったので、これ幸いと布団を干しにベランダに。
だーがー何か屑みたいなのが落ちてやがる。
What????と思いつつ見上げると・・・

【More・・・】

蜂の群れが上の階のベランダの非常用出口の所に。
慌てて布団を部屋の中に放り込み部屋に退避。
恐る恐る窓から見る、そこそこでかい。形状からして足長蜂だった。
まだ巣は出来ておらず、作ろうと群れている状態だった。
蜂が大嫌いな俺にとっては正に一大事である。

戦況分析
我が軍の戦力と装備は 「俺一人+蚊取り線香+普通の殺虫剤」
対して敵の戦力は   「無数の自在に空飛ぶ兵隊+毒針」

圧倒的不利!!

なにか良き手は無いかとグーグル先生に聞いてみる。
煙で燻すとかコールドスプレーで一網打尽とか蜂専用のスプレーで即殺とか
電動マシンガンで粉々にするとか実は消防の人がやってくれるとか色々出てきた。
しかしそれぞれの手段には問題があった。

1)煙で燻す
都市部では魚を焼く煙で通報されるので不可
2)スプレー
蜂の群れている場所が高い場所にある為届かない。射程10Mの奴もあったが
噴射してもし即殺出来なかったら手痛い反撃を食らう恐れがある。
3)電動マシンガン
そんなもの持ってない。
4)消防車
はしご車とか持ってくるらしいし、消防を呼んでは通報されないという事を
避けることに対して本末転倒。


うーむと頭を抱えて考えてると、ふと思い出した。
「すぐやる課」
そんな話を以前TVやっていたような気がした。
キタコレ!と市のHPや市民が開設してる市情報HPを覗いて見るが我が市には無いようだ。
このままでは折角の布団干し日和をみすみす逃してしまうことになりかねなかったので
「えぇぇい物は試し!土曜だが誰か居るだろう!」と市役所に通報。

るーるーるー

役所)「はい、市役所です」(居たよ人が居たよ;;
自分)「あーすいません蜂の駆除とかやってくれないんでしょうか?」
役所)「あー今日担当居るかな~?ちょっと待ってくださいね」
(おほー担当なんてあるんか!頼むイテクレー
      ・
      ・
      ・
役所)「はい、変わりました。蜂の巣の駆除ですか?」

担当キタ━≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━!!!!!

状況を説明すると業者を向かわせてくれるとの事で、住所と電話番号を教えて
「貴様ら蜂の運命も後数時間だ!!」とワクテカ状態で業者を待つ。
そして来た、彼らが来た。なんやTV見た時は防護服何か着てたが、普通の作業服であった。
作業記録の為か写真をパシャパシャ撮って、両手にスプレーを持ちはしごで蜂の群れに近づく。
スプレーを吹きかけた瞬間、蜂がバッタバッタと落ちてくる。おおぉぉぉぉ!!と関心。
作業は物の数分で終了。我が家のベランダに平和が戻った。
業者曰く「この時期は活動が活発だから多いんだよ。またくるかもねぇ。」
そう言って彼らは去っていきました。

ちなみに費用は全然掛かりませんでした。どうやら税金でやってくれてるようだ。
初めて自分が納めている住民税が使われた事を実感。
皆様も蜂が来たら役所にご一報を。


しかし、まぁ・・・また来るかもしれないのか・・・i|i|i_| ̄|○i|i|i
スポンサーサイト



10:17  |  ぐだぐだ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tororon.blog5.fc2.com/tb.php/54-fd78cc9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |