FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2010.03.28 (Sun)

隠されし聖魔水

辞めたようで辞めてなく、いまだ大陸を絶賛放置中の我が家門であります。
どうやら3/30に大きなUpDateがあるようで。
博士もビックリの生カトリ参上のようなので、編入の為の前提条件の
クエストを一気に消化してました。

【More・・・】

GE2010_017.jpg
まずはヘレナ嬢加入しーのっと。
生かして自分の家門に編入する為には30Mっすよ!30M!高い人です!
しかしこの人の衣装すごいっすねぇ。魚のように前はおっぴろげなのは
同じなんですが、パンツにリボンとトランプとは・・・。
ウォロ系のスタンスなので、あまり丈夫ではないようです。
育成予定は・・・今の所ナシ;。(イヤネ;ウォロ系はウォロ嬢1人マスタにするだけでヒィヒィだったし;

次に聖魔水クエストの進行。
100チップ没収されたり、あちこち人の話を聞いて、いざ本物の聖魔水を求めてDへGoです。
GE2010_021.jpg
かなり久しぶりにくるモレッツアDですが、初期MAPと言う事もあるんでしょうか
最近のUpDateMAPより作り込まれているような気がするのは私だけだろうか・・・。
そして更に先にあるミッションへGo。

GE2010_018.jpg
ちなみに2回挑戦しました。
1回目はマスター3人でいけば何とかなるだろ・・・と
思っていったら火力不足により時間切れでアウトとなりました。
1回目:マスタのファイ、魚、グレ→魚の火力が思った以上に伸びなかった。
2回目:マスタのファイ、グレ、エキスパのマスケ→銃撃でごり押し。ひたすら撃って撃って撃ちまくる。

まずは1匹めのデカイ奴。
GE2010_019.jpg
等級64とか馬鹿じゃないの!マスターじゃないとキツイじゃん!
とか文句言ってもしょうがないので、盾役に固定しつつ
遠距離でチクチクやってきます。
あまりこやつに時間を掛けると2匹目の時間がなくなるので
フルバフ、フル薬品投入で15分程度の時間で迅速に。

そして2匹目のデカイ奴。
GE2010_020.jpg
等級67とか馬鹿じゃないの!とち狂ってるのかよ!
HP多すぎなんじゃ!これをソロでやれってか!
とか文句言ってもしょうがないので、また盾役に固定しつつ
30分程気が抜けない状態で遠距離でチクチクやってきました。
ちょっと気を抜くと盾役から火力にタゲが移ってしまったり
デカイ範囲攻撃喰らうと行動不能になってしまうので、ヘイト管理やら
位置取りやら気が抜けず、ちょっと大変だったので正面のSSは撮れませんでした!

どうやらこんな顔のようだったです。
GE2010_022.jpg

そんなこんなで四苦八苦して倒すと・・・でました悪玉さん。
GE2010_023.jpg
次のUpDateでも結構関わってくる悪玉さん。
チミは一体ナーニをしようと言うのかね。

やっと倒して会話シーンも終わってヤター!と思っても
なかなかミッションクリアにならない!
ウロウロしても終わらないヤッベヤッベと焦ります。
GE2010_025.jpg
ミッションクリアの表示がでないと、多分失敗になるので会話シーンの時間を含め
5分程度は余裕を持って倒したい所です。

で、やっぱり君は飲むのかね・・・
GE2010_024.jpg

正直良い装備の無い我が家門にはカナリ大変なクエストでした。
等級の壁はとてもとても高かく、なかなかダメを与えられませんでした。
でもこれで一応生カトリ編入の為のお膳立ては整ったようです。
後は3/30のUpDateを待ちます。

"Granado Espada" ©2003-2006 IMC Games Co.,Ltd.
Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.
All Design and specifications are subject to change without notice.
スポンサーサイト



テーマ : グラナド・エスパダ - ジャンル : オンラインゲーム

21:37  |  GE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tororon.blog5.fc2.com/tb.php/372-ee76e9b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |